誰もが憧れるヨーロッパのビーチリゾート

ヨーロッパのビーチリゾートザキントス島

画像参照:Gilles

ヨーロッパにあるビーチリゾートのひとつに、 ギリシャ西部のイオニア海に浮かぶ「ザキントス島」が挙げられます。 古くは「東方の花」と呼ばれていた島でもあり、自然豊かでとても美しい島です。 その美しさから、「イオニアの花嫁」「レバントの花」とも歌われています。 島は別名「シップレック(難破船)ビーチ」とも呼ばれており、 難破船のパナギオティス号が、海岸に乗り上げた状態で放置されています。 パナギオティス号は元々密輸船であり、1983年にトルコからタバコを密輸する際、 ギリシャ海軍に追われ、この地に乗り捨てられたと伝えられています。

島の周囲は何も無く、ビーチは断崖絶壁に囲まれていて、まさに映画の中の世界のような場所です。 ザキントス島までのアクセス方法は、ギリシャの首都アテネからバスが出ているので、 バスでキリニの港へ向かい、そこから船で島の港や島の中心部へ行くことが出来るようになっています。 ビーチリゾートとはいえ、アクセスは海上のみに限定されているゆえ、 完全なるシークレット・ビーチとも言われています。 人が大勢いるような賑やかなビーチではなく静かにゆっくりと過ごしたいという方には お勧めのビーチとなります。 ビーチリゾートとしては、イタリアやドイツなどヨーロッパ人に人気のスポットです。 ザキントス島は、ジブリの名作にも挙げられている映画「紅の豚」に出てくる 「ポルコの隠れ家」のモデルになった土地とも言われています。 この影響もあって、最近では日本からもザキントス島を訪れる人も出てきています。